暑い夏の日に「暑い~」というのは簡単ですが、それでは益々暑さを強調してしまいます。こんな時には、すかさずさっとマイ扇子を取り出して、パタパタっと優雅に仰いでみてはいかがでしょうか?駅のホームでも、電車の中でも、そして出社したてのオフィスの中でも、人からみて汗をだらだらと流す様子よりも、涼しい顔をして仰ぐ様子のほうが数段素敵に見えます。扇子には男性用、女性用、色や図柄など様々なチョイスがあります。無香のものもあれば、白檀などの香りをほんのり含ませた物もあります。ご自身のご趣味によってお選び頂き、バッグにすっと忍び込ませておくと粋です。ズボンのベルト通しにフックするタイプの扇子キャリーバッグなどもありますから、鞄を持たない男性の方でもポケットに入れて持ち運ぶ必要はありません。この夏はこういった和小物を利用して人目を惹きましょう。

日本の伝統文化である扇子

日本のお土産として、海外の人が購入するものの中で扇子が一番の人気のようです。つい先日も外国の友人が観光で京都にいらっしゃった時にもお土産として選んでいきました。値段が手ごろな物が揃っている事と、日本映画で見る事が多いのでしょうか。また、彼らは描かれた絵がとても繊細で美しいという事で惹かれているようです。やはり外国人にとっては、日本の伝統的な観光地に行くことが目的となります。そしてそこでは、日本の伝統的な絵が好きなようです。さすがに屏風を購入する事は難しいので、手軽な価格と大きさの扇子が売れるのではないでしょうか。最近では世界的にも日本の物が「クール」と言われます。日本の伝統工芸品が海外で高く評価され売れているとも聞きます。つい先日もテレビで日本の包丁を買いに海外から多くの方が来ているというのも見ました。次は扇子が世界的に流行るかもしれないですね。

日本人なら扇子を持とう

日本は昔から文化を大切にしてきた国で素晴らしい文化遺産や品物がたくさんあります。それを守り続けていく心も日本人の誇りといえるでしょう。そんな日本ですがもっと皆さんに使用してほしいものがあります。それは扇子です。これは、昔から舞踊や暑いときに自らを仰いで涼しい風を送るために使用されてきました。絵柄も楽しめ、カラーバリエーションも豊富でとても趣を感じる品物です。絵柄は和柄のものがあったり、シンプルな無地のものがあったりと自分の好きな柄を選ぶことができます。自分だけのオリジナルのものもつくることができ、夏に使っていれば他の人と差をつけることができるでしょう。おしゃれでファッションに取り入れる方もいます。扇子は昔から親しまれてきました。今の日本でも使用する人が増えてほしいです。外国人の観光客からも人気を集めているようです。